風呂釜

日本の風呂釜メーカー!

各種風呂釜メーカーの概要&特徴。

  1. 風呂釜の情報
  2. 風呂釜の情報!!「各種風呂釜メーカー」

日本の風呂釜3大メーカー。「ノーリツ」「リンナイ」「長府製作所(CHOFU)」

風呂釜メーカー

風呂釜は、機能的に燃料消費効率が追求されてきているだけで、構造・仕組みは、今も昔もほとんど変化がありません。 基本的に、大きな流れとしては”給湯器”へと移行していますので、風呂釜は、新規参入がほとんど無い分野と なっています。

それゆえに、現在では、風呂釜市場の大半が大手メーカーで占められています。売上高・販売数で考えると 「ノーリツ」「リンナイ」の2大メーカーが主役と言えますが、風呂釜制作への情熱、「マキ焚兼用ふろがま」 といった、こだわりの商品も制作している「長府製作所(CHOFU)」を加えた、3大メーカーが主流と 考えています。

ここでは、風呂釜の大手メーカー及びニッチな需要に対応している零細メーカーの概要・特徴をご紹介したいと 思います。

株式会社ノーリツ。

風呂釜メーカー

”ノーリツ”は、基本的に各業者(施工業者など)への販売を重視しているからなのでしょうか、CMなど への広告費に投資することは少ないようです。ゆえに、建築業界内では、トップメーカーとしての知名度が とても高いものの、一般的な知名度は低いのかもしれませんね。

その分、製品(風呂釜)の塗装や各種部品などの品質に、こだわりを持っているものと感じています。 操作性にも長けており、耐久性が高く、末永く活用できる風呂釜製品となっているものと思います。

ただし、若干、他メーカー商品との相対比較において、”機器の当たりはずれが多い”傾向が。

株式会社ノーリツの公式HPはこちら!
株式会社ノーリツの各種風呂釜商品はこちら!

株式会社リンナイ。

風呂釜メーカー

2大メーカーのひとつ”リンナイ”は、”ノーリツ”と相反するかのように、CMなども積極的に活用。 知名度という意味では、リンナイの方が上なのかもしれません。

風呂釜製品的にも、ノーリツとは相反する特性を有しているのが特徴。効率性を重視しているようで、 直接的に給湯機能に関わる以外の要素(塗装やネジ部品など)は、必要最低限の品質を意識した製品作り となっているように感じています。

ゆえに、相対比較上、耐久性にはやや劣る(経年変化による外装の錆などが発生しやすい等)傾向があります。 ただ、機器ごとの当たりはずれは少なく、故障が少ない商品が多いように感じています。

株式会社リンナイの公式HPはこちら!
株式会社リンナイの各種風呂釜商品はこちら!

株式会社長府製作所(CHOFU)。

風呂釜メーカー

長府製作所(CHOFU)は、職人技術による製品づくりが特徴と言えるのではないでしょうか。そんな職人仕事が感じられるのが 、「薪風呂釜」「まき焚き兼用風呂釜」といった、特殊性のある商品の存在です。

職人集団の志が今でも生きているのでしょうね。ニッチな需要に応える商品づくりが長府製作所(CHOFU)の特徴であり、 魅力となっているものと感じています。

株式会社長府製作所(CHOFU)の公式HPはこちら!
株式会社長府製作所(CHOFU)の各種風呂釜商品はこちら!

PURPOSE(高木産業)。

風呂釜メーカー

上記3大メーカーと比較すると、販売実績には大きな差がありますが、コンパクトで高性能な商品開発をしている メーカーです。省エネ対応の給湯器などは、人気の商品となっており、安定的な需要を得ているものと感じています。

PURPOSE(高木産業)の公式HPはこちら!







給湯器

”給湯器”は設置工事を行っている専門店から購入するのがお得に!

”風呂釜””給湯器”など住宅設備機器は、「メーカー直販」にて購入するよりも、住宅設備機器の設置工事 を行っている専門店(業者)から、購入したほうが価格的にもお買い得となるもの。それは、設置工事を 行っている業者は、”卸価格”で設備機器を仕入することが出来るからなんですね。

そんな数ある専門業者の中から、最良の業者を選ぶポイントが「給湯器本体代金+既存給湯器の処分費用+設置工事費用」 の3要素をすべて含んだ価格提示しているかどうかです。 そんな、住宅設備(給湯器)専門店情報をご覧いただければと思います。

その他風呂釜制作メーカー。

CORONA(コロナ)の公式HPはこちら!
SUNPOT(サンポット株式会社)の公式HPはこちら!
株式会社LIXILの公式HPはこちら!

風呂釜関連情報CONTENTS!(関連記事)