風呂釜

風呂釜の種類!

日本で使用されている風呂釜

  1. 風呂釜の情報
  2. 風呂釜の情報!!「風呂釜の種類」

現在、日本で活用されている”風呂釜”の分類。「給排気方法」「使用燃料」

風呂釜種類

風呂釜の構造・種類は、昔も今も大きな変化はありません。アナログ的な特性が魅力の風呂釜だからこそ、 IT化・電子制御の影響をあまり受けることなく、今に至っているものと感じています。

日本で現在使用されている風呂釜の概要を把握する上で、風呂釜の分類をしてみると、2種類の分類方法が 存在していることとなります。

ひとつが、「給気・排気方法の違いによる分類」です。設置場所の違い(屋内or屋外)も併せて考えると、 5種類の風呂釜方式に分類することが出来ます。

二つ目が、「使用する燃料の違いによる分類」です。レアな燃料資源を除くと、現在、日本で使われている 風呂釜は「ガス燃料」「石油系燃料(灯油など)」「薪」の3種類が存在しています。

Sponcerd-site

風呂釜の種類!「給気・排気方法の違いによる分類」

風呂釜は、設置場所及び給気・排気方法の違いによって、5種類に分類することが出来ます。 屋内設置に4種類の方式があり、屋外設置に1種類の方式が存在しています。

屋内設置型:自然排気方式(CF)

風呂釜の種類

屋内設置型:強制排気方式(FE)

風呂釜の種類

屋内設置型:自然給排気方式(BE)

風呂釜の種類

屋内設置型:強制給排気方式(FE)

風呂釜の種類

屋外設置型:屋外方式(RF)

風呂釜の種類

風呂釜の種類!「使用燃料の違いによる分類」

現在、日本で使用されている風呂釜を燃料種別によって分類すると3種類が存在しています。 (レアな燃料は除く)。「ガス燃料」「石油燃料(灯油など)」「薪・木材」の3種類で、近年、都心部では、 ガス燃料を利用した風呂釜が主流となっています。

寒冷地域・積雪地域などでは、冬の暖房に石油系燃料(灯油)が使用されることが多いことから、 それらの地域では、石油風呂釜が多く活用。まき風呂釜なども愛用されています。

ガス風呂釜!都心部での住宅で主流となっている風呂釜。

風呂釜の種類

ガスのインフラ設備が整っている都心部地域では、ガス燃料を使用するガス風呂釜が主流となっています。 都心部では石油系燃料(灯油など)の管理に難点が生じることから、管理不要なガス燃料が重視されているものと 考えています。反面、ガスインフラ設備が整っていない地域(山間部など)では、使用率が低くなっています。

また、近年、 デメリットとして認識されるようになってきたのが、自然災害時など ガス供給が遮断されたときに、利用が出来なくなること。ガスインフラ設備の復旧は時間を要する傾向があることから、 災害時の脆弱性が存在しているものと言えそうです。

*商品例:ノーリツ ガス風呂釜 GSY-132D

石油風呂釜!石油系燃料(灯油)を多く活用している寒冷地域・積雪地域で活躍。

風呂釜の種類

都心部エリアでは、石油燃料(灯油)の保管が課題となることも多く、石油風呂釜の利用率は低いものとなっています。 反面、ガスインフラ設備が整っていなかったり、冬場に暖房用として石油系燃料を使用している寒冷地域・積雪地域 などでは、石油風呂釜の利用率が高くなっています。

近年、石油風呂釜のメリットとして、注目を受けるようになったのが、災害時にも活用できるケースが存在したこと。 地震災害などで、ガス設備が遮断。多くの住宅で、お風呂の利用が出来なかったときに、石油風呂釜を活用していた家では、 お風呂を沸かすことが出来た(もちろん、すべての家で可能となったわけではありません)ことが注目されることとなりました。

*商品例:ノーリツ 石油風呂釜 OR-8FDX

薪風呂釜!薪や間伐材が容易に手に入る地域で活用。

風呂釜の種類

薪や間伐材が容易に入手できるような地域(山間部など)で、愛用されているのが「薪風呂釜」です。 冬場の暖房に、暖炉などを利用している別荘などでも、薪風呂釜が重宝されているようです。

とても、シンプルな構造となっており、メンテナンスも容易が出来るのがポイント。ちょっとしたお手入れを 心がけておくだけで、末永く愛用できる風呂釜となります。

*商品例:長府製作所 まき焚き兼用風呂釜 CHS-6

Sponcerd-site

風呂釜関連情報CONTENTS!(関連記事)